HATTORI 服部工務店

メニュー

自然素材にこだわる ― 板倉の家

板倉の家

板倉の家は、日本古来の伝統的な建築技術「板倉構法」から生まれました。
4寸角(12cm角)の柱や太い梁の溝に、厚さ30mmのセーフティボードを落とし込んで壁をつくり
ビニールクロスやベニヤを貼らずに床・屋根野地もセーフティボードをそのまま化粧材として仕上げます。
壁・床・天井のすべてを 徳島県産の杉材 で覆った自然にやさしい家は「自然素材にこだわって」建てたい方へ
おすすめする注文住宅です。

五感で感じる木のぬくもり

目に映るやさしさ「視覚」

木材は 、目に有害な紫外線の反射が少なく「 1/f のゆらぎ 」と呼ばれる木の不規則な木目や模様にはパソコンや読書で疲れた目を癒す働きがあります。

いい香り「嗅覚」

杉には貴重な天然の芳香成分が含まれていて緊張や興奮を静める「鎮静効果」と「消臭効果」があります。アロマセラピーで心が癒されリラックスします。

意外な音響効果「聴覚」

コンサートホールや音楽堂には、必ずと言っていいほど天井や壁にふんだんに木が使われています。驚くことに木には、耳障りな音を吸収しアルファ波が発生する心地良い音域を生み出す音成分も存在するのです。

肌に伝わるぬくもり「触覚」

木材は、金属やコンクリートに比べて触ったときにやや温かく感じられます。また人体からの 熱も奪われにくいので、冬に裸足で廊下を歩いてもあの「ヒヤッ」とした冷たい感触がありません。

快適な心に届く「体感」

木には温度と湿度を調節するエアコンのような働きがあります。そのため木をふんだんに使った家は、一年中「サラッ」とした快適な空間を維持することができます。

板倉の家2

施工の流れ

施工の流れ写真

セーフティボードとは

自然の木をそのまま使った住まいは有機物質をほとんど出さないためシックハウス症候群などの心配もなく、安全な生活環境が実現できます。
なかでも杉は、豊富・安価・軽い・強い・多孔質など多くの利点を持ち人工林で計画的に産出されるため安定した品質で材料供給されています。
この様に杉は、まさに「住まいづくり」にうってつけの素材と言えます。
セーフティボードはその杉から生まれた人と自然にやさしい建材です。

セーフティボード

お問合せ建築に関するお問い合わせはこちら

株式会社 服部工務店 愛知県名古屋市南区芝町181-1

Tel 052-821-6266 / Fax 052-821-6269

営業時間 9:00-17:30 / 定休日 第2・4土曜、日曜、祝日