安心を届ける

耐震仕様 お客様にご安心いただける「HATTORIの耐震標準仕様」をご紹介いたします。
ご要望やご予算に応じて仕様の変更も承りますのでご安心ください。

地震に強いベタ基礎を採用 基礎には、地震に強い「ベタ基礎」を採用しております。
べた基礎とは、建物の真下部部分の全てを鉄筋コンクリートを用いた基礎で施工するものです。全体の鉄筋を配してコンクリートを打設していますので、布基礎に比べると基礎面積が非常に大きく、建物の荷重を基礎全体で分散して受け止めることができ、地盤へも荷重を分散させることができます。
またHATTORIでは、1邸ごとの構造計算により基礎設計をしております。

地震に強いベタ基礎を採用 基礎には、地震に強い「ベタ基礎」を採用しております。
べた基礎とは、建物の真下部部分の全てを鉄筋コンクリートを用いた基礎で施工するものです。全体の鉄筋を配してコンクリートを打設していますので、布基礎に比べると基礎面積が非常に大きく、建物の荷重を基礎全体で分散して受け止めることができ、地盤へも荷重を分散させることができます。
またHATTORIでは、1邸ごとの構造計算により基礎設計をしております。

構造材にはレッドウッドを採用 主要な構造材には耐久性が高く粘りのある「レッドウッド」を採用しております。
レッドウッドは公共工事に使われることが多く、屋外で長年活躍しています。公共工事に多く使われるという点から見てもその耐久性の高さが実証されています。
またレッドウッドには、タンニンが豊富に含まれており、シロアリなどの害虫や腐食に対する抵抗力を高めてくれるのです。
そのおかげでレッドウッドには、防腐剤などの薬剤による処理を施す必要がまったくありません。薬剤注入をして耐久性を高めてある木材とは違い、木自身が腐りや虫に強いのです。

地震に強い剛床工法 地震力は床や屋根に作用し耐力壁を経て基礎・地盤へ流れていきます。
耐震設計の目的は、床や屋根に作用する地震力を建物を壊すことなく基礎・地盤へ流すことにあります。一般的に、耐震設計では、耐力壁ばかりに注意が集まる傾向が強いですが、床や屋根も耐力壁と両輪のように働かなけなければならない重要な耐震要素になります。
HATTORIでは、地震や台風時に発生する水平力に対して強い「剛床工法」を採用しております。
剛床工法とは根太を設けず床下地合板を厚くして、直接梁材に留め付ける床組み工法のことで、部屋の大きさに関係なく910㎜間隔に格子状の梁を配置していきます。また梁の横振れを防ぎ、強度を高めるため合板には屋外での使用も可能な接着耐久性が確保された「特類」の合板を使用して、1820㎜×910㎜(畳一帖)の床版を互い違い(千鳥格子)に骨組みに直接留めています。

断熱仕様 お客様にご安心いただける「HATTORIの断熱標準仕様」をご紹介いたします。
ご要望やご予算に応じて仕様の変更も承りますのでご安心ください。

壁・天井には[ 高性能グラスウール16K ] 断熱性・不燃性・耐久性・防蟻性・コストパフォーマンスに優れている素材「高性能グラスウール16K」を採用しております。さらに、断熱材の室内側に、透湿性の少ない防湿性能を有する材・層を設け、断熱材の室外側には、透湿性・防風性・防水性を有する材・層を設けて、その外側に通気層等の措置を講じることで、壁内で発生する結露の防止もしています。

屋根・床には[ フェノールフォーム成形板 ] 屋根・床に採用しているフェノールフォーム成形板には旭化成の「ジュピー」を採用しております。
ジュピーの基本性能をご紹介いたします。

  • 高い断熱性

    熱伝導率が世界最高レベルの0.020W / (m・K)ですので、薄くても等級4を実現できます。

  • 環境性能

    環境にやさしいノンフロン発泡の断熱材です。
    グリーン購入法の適合商品にもなっています。

  • 長期断熱性能

    他の断熱材に比べて経年劣化が極めて少なく、高い断熱性能が長く続きます。

  • 安全性

    素材は、熱に強く燃えにくいフェノール樹脂。
    ホルムアルデヒド放散等級は、
    F☆☆☆☆で4VOC基準にも適合しています。

  • 長期断熱性能

    他の断熱材に比べて経年劣化が極めて少なく、高い断熱性能が長く続きます。

夏も冬も快適な[ Low-e複層ガラス ]を採用 熱の出入りが最も多いのは、窓やドアなどの開口部からです。冷暖房の無駄を省き、効率よく利用するためには窓への対策が重要です。HATTORIでは、ガラスに遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E複層ガラス」を採用しております。Low-Eガラス(Low Emissivity =低放射)とは、板ガラスの表面に、酸化スズや銀などの特殊金属膜をコーディングしたもので、このLow-E膜が遠赤外線の反射率を高めています。
このため、Low-Eガラスを複層ガラスに使用することで、中空層の放射による熱伝達を低減し、高断熱性能を実現させます。また地域に応じて遮熱タイプと断熱タイプをお選びいただけます。

外壁には透湿・防水に加えて遮熱機能を追加 外壁の断熱には「遮熱シート」を採用しております。
遮熱シートは、外壁材の放射熱をアルミ蒸着膜で反射することで、断熱材が吸収する熱が大幅に減り、内壁を通した室内側への熱の浸入も減少します。また特殊保護層により遮熱機能において高い耐久性を保持し、さらに、多層構造なので強度が上がり、施工中のタッカー穴に対する止水性も向上します。

+αの仕様 標準仕様にプラスして制震装置や補助金制度、ショールームのご紹介をいたします。

開放的な空間をお届け 日本の住宅の平均的な天井高は2m40cmになりますが、HATTORIでは少し高い2m50cm~2m70cmを基準として おります。天井が高いと圧迫感がうすらいで「開放感」が生まれるからです。
ただし、過ごしやすさというのは、窓や建具、明るさや色、その空間での過ごし方、様々な要素で異なりますの で暮らしや空間に合った「高さ」をご提案しております。

CAFE併設のショールームで家づくりを体感 HATTORIには、家づくり空間を体感できるショールームを兼ねたカフェ「+ICHICAFE」があります。
+ICHICAFEでは家づくりの相談はもちろん、コーヒーやパンを味わいながら気軽にHATTORIの家づくりをご体感いただけます。店内には様々な素材を使い、コーナーごとで違う雰囲気をつくりだしています。デザインの詳しい情報はテーブルにある「+ICHICAFEの説明書」に載っておりますので、家づくりのアイデアへもお役立ていただけます。

土地探し~家の完成まで担当者変更なし HATTORIでは、営業・設計・現場・不動産それぞれの専門スタッフが担当をしますが引継ぎや変更はなく、土地探し~家の完成・アフタ-メンテナンスまで、すべて 同じ担当スタッフ がご対応いたします。
担当が変わってしまってお客様のご要望が伝わっていないなどのトラブルもなく安心して進めていただけます。
お引渡し後も基本的には、同じスタッフが対応いたしますのでリフォームや修繕のご相談もお気軽にしていただけます。
また、家のことを考えながらの 土地探し にもご対応させていただきます。

+αの安心をお届けする[制震装置] 地震が心配という方には、トキワシステムの「αダンパーExⅡ」をおすすめしております。

<αダンパーExⅡの基本性能>

  • 地震の揺れを効率よく吸収する制震装置

    ΑダンパーExⅡを分散配置することで建物の粘り強さ(減衰力)を高め、繰り返しの地震による耐力の低下を抑制します。

  • メンテナンスフリーで安心20年製品保証

    ΑダンパーExⅡの合成オイルは、自動車のショックアブソーバーと同等の耐久性を有するもので、繰り返しの地震にも作動します。
    また理論上は、80~90年の長期にも耐えうるメッキ塗装のため、維持費やメンテナンスが一切不要です。

  • 低コストで導入可能

    付属の専用ビスで、柱と梁に固定するだけの簡単施工。設置コストもリーズナブルになっております。

  • 長期断熱性能

    他の断熱材に比べて経年劣化が極めて少なく、高い断熱性能が長く続きます。

ZEH ―ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは 最近よく見聞きする「ZEH(ゼッチ)」とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことをいいます。
省エネをしっかり行うことでエネルギー消費量をできるだけ少なくした上で、太陽光発電などでエネルギーをつくる「創エネ」も行い、自宅で消費するエネルギーと自宅でつくったエネルギーの差が「0以下」になる住宅のことです。
今後、日本はこのZEHによって温室効果ガス削減に貢献し、地球環境にやさしい暮らしを目指していきます。政府は2020年には標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均での実現を目標にすると発表しています。

HATTORIのZEHへの取り組み 最近よく見聞きする「ZEH(ゼッチ)」とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことをいいます。
省エネをしっかり行うことでエネルギー消費量をできるだけ少なくした上で、太陽光発電などでエネルギーをつくる「創エネ」も行い、自宅で消費するエネルギーと自宅でつくったエネルギーの差が「0以下」になる住宅のことです。
今後、日本はこのZEHによって温室効果ガス削減に貢献し、地球環境にやさしい暮らしを目指していきます。政府は2020年には標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均での実現を目標にすると発表しています。

  • 断熱 + 省エネ

    断熱・気密性能・通風採光性を高め室内温度を年中快適に保つことで、エアコンの使用頻度を低減。またHEMSや省エネ性の高い機器、照明を取付け、ムダなエネルギー消費を抑制します。

  • 創エネ

    自然エネルギーを利用し、環境負荷が低い特性を持つ太陽光発電システムや家庭用燃料電池(エネファーム)などでエネルギーを創ります。

  • HEMS

    家庭で電気を「創る」「蓄える」「賢く上手に使う」ために電気機器をネットワーク上で管理、リアルタイムで利用状況を把握・コントロールするエネルギー管理システムのことです。

  • 蓄エネ

    太陽光発電でつくった電力や、割安な深夜電力を蓄電池などに貯めておけば、消費電力の多い日中などに使うことができます。

一覧へ戻る